ggjhghgjhg

 

福井県産乾燥なつめーなつめの里農産

 

(なつめ)は薬膳などにも使用される果実です。
なつめの産地は主に中国、韓国でしたが、平成10年より
北陸福井県福井市の棗地区で棗の里農産を開園し、栽培を始めました。
初夏には小さいうす緑がかった花が咲き、やがてたわわに実をつける。名前の由来は、夏に芽、実が成長するからとも言われ、韓国ではナツメ茶にして健康のために飲まれている。漢方では、なつめの果実を蒸してから乾燥させたものを大棗(たいそう)と呼びます。
強壮、炎症緩和、利尿などの効能を有し、様々な漢方処方に高頻度で用いられています。
その他には不眠や神経の興奮をしずめたり、また、ビタミンや鉄分や葉 酸などが豊富なので美容や、妊娠中の方の栄養補助食品として一般ではよく利用されています。

 

 

福井県福井市なつめ地区で現在では、なつめの里農産10000本のなつめの木でたくさんの商品の開発、製造を行っています。

 

      なつめの成分表(なつめ乾燥100g当り)

    
 たんぱく質

3.9g

カリュウム

810mg

1.5mg

亜鉛

0.8mg

ナイアシン

1.6mg

葉酸

140μg

バントテン酸

0.86mg

食物繊維

12.5g


 

 

令和1年8月30日、収穫間近の大なつめ園を撮影する。赤い実が所どころにある。

枝が実の重さでしなっている。
収穫が完了すると、長い乾燥作業に入る。

 

 

 

 

 

 

 

 


青いなつめでも糖度は16度と、メロンや柿と同じ位です。
完熟した赤いなつめは、なんと糖度30度以上に。

 

 

 

 

 

 

 

 

国産なつめエキス」は、栽培されている棗を収穫し、乾燥し、抽出濃縮しました。
なつめエキス220g1瓶製造するのに、乾燥なつめを175個~200個程使用してます。
 なつめの栄養がいっぱい詰まったなつめエキスです。
 砂糖や保存料などの添加物は一切使用しておりません。
 栄養補助食品として毎日の健康維持にお役立て下さい。

          お召し上がり方

 ・1日小さじ3杯程度を限度にそままスプーンで
 ・牛乳、豆乳、プレーンヨーグルトなどに混ぜて
 ・パンなどにつけてジャムのように
 ・
バニラアイスにつけて。
 ・紅茶に入れてロシアンティー風に
 ・カレーなどに入れるとまろやかな風味になります。
 ・
餃子に入れて調理。美味しい。
 ・肉などの煮込み料理に入れるとコクが深まります。

 

 

 

 

 

 

乾燥なつめは、長期保存の為、仕上がりは堅く乾燥させていますのでそのまま召し上がって頂くことは出来ません。弱火で20~30分ほど煮て調味していただくか、お料理等にお使い下さい。

お茶、煮込み料理、炊き込みご飯、スープ等に入れてお召し上がりください。
果実はカリュウム、 ビタミンや鉄分、亜鉛、ナイアシン、バントテン酸、葉酸、食物繊維なども豊富に含まれています。

なつめ酒の作り方
  材料 干しなつめ  100g
             氷砂糖     50g
             ホワイトリカー 800ml

作り方
   1、
なつめは水の中で泳がせるようにし水を2~3回
        取り替えて手早く洗います。
   2、布巾に包んで水気をていねいにふきます。
   3、容器になつめと氷砂糖を入れホワイトリカーを
    注ぎます。そのまま熟成させ、6ヶ月後を目安に
    味をみ、アルコールの刺激がやわらいだら飲み頃です。
    4、なつめは甘味が強く、つやのあるものを選びましょう。

 


 

             なつめ茶、なつめ八種健康茶

漢方で多く用いられるなつめを種ごと粉砕した「なつめの里国産なつめ100%」のお茶をどうぞ♪

国産なつめエキスを絞ったあとのなつめを使用し、果皮・果肉・種子(酸棗仁(サンソウニン))のすべてをじっくり焙煎・粉砕したなつめ100%のお茶を作りました。
《福井産なつめ茶アルミパック  5g×16バック入》

ほんのりなつめの甘みのある、マイルドな味わいが特徴のお茶です。
カフェインは含まれておりません。  

国産なつめ八種健康茶5g×16袋 煮出し用国産なつめを主原料に、8種の伝統的なお茶(黒豆、ハマ茶、ハブ草、しそ、ドクダミ、桑の葉、クコ葉)をブレンドした、なつめのほのかな甘さと黒大豆の香ばしい香りがほっとする、身体に優しいなつめ健康茶。

           お召し上がり方
水500ccを沸騰させ、1パックを5分程度弱火で煮出してください。
ホットはもちろん、冷蔵庫で冷やすとよりおいしくお召し上がり頂けます。

完熟した赤いなつめです。そのまま木からもぎ取り生で食べることが出来ます。