越前福井県の名産品・特産品・お土産品ー花らっきょ、永平寺がゆ、なつめエキス、おかきなどーギフトに是非どうぞ。
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ

 
北陸三大祭 り 三国祭り
 

 
毎年5月19日〜21日におこなわれる三国祭りは、江戸中期から続く歴史ある三国神社の春の例祭で、北陸三大祭りの一つである。
とくに5月20日は山車が奉納され、6基(高さ6.5メートル)の山が湊町の情緒漂う街中を練り歩きます。
北陸三大祭の一つとして賑う。

平成22年(2010年)の山車

●奉納山車       

     壱番山車(森町区)坂本龍馬        人形師 岩堀耕治製作   

            幕末に数回福井を訪れていると言われている坂本龍馬の山車人形を奉納たします。

     弐番山車(玉井区)朝倉義景        人形師 岩堀耕治製作

           戦国大名「朝倉氏一族」との昔を思い、「朝倉義景」の山車人形を奉納致します。          

     三番山車(北末広区)浅井長政      人形師 岩堀耕治製作    

            昭和46年・62年・平成7年・14年と今年で8回目となり、8年に一度の山車奉納です。

     四番山車(松ヶ下区)勧進帳「弁慶」   人形師 岩堀耕治製作

           歌舞伎十八番「勧進帖・安宅の閔」の弁慶を奉納致します。

    五番山車(上・下真砂区)徳川家康     人形師 岩堀耕治製作

          天下統一を果たし、300年にも及んだ江戸幕府を開いた人で、日本の国を力強く治 め た雄姿を奉納します。

    六番山車(三国祭保存振興会)加藤清正     山車の会製作

          三国保存振興会(山車の会)が製作して今年で10体目になりました。

 20日中日祭の山車勢揃い・催し物のご案内(イベントは雨天中止)

  神殿にておこなわれる儀式

  12:00 … 神輿・山車発幸祭(神社総務・各総責任者・山車区長及び青年団長によって行う)

  神社前
  12:30 … 山車6基が神社前通りにて勢揃い
  12:30 … 子ども囃子方競演
  13:00 … 壱番山車を先頭に巡行に出発
        巡行順位は(1)壱番山車の森町区(2)弐番山車の玉井区
        (3)武者行列(4)小神輿(5)大神輿(6)参番山車の北末広区
        (7)四番山車の松ヶ下区(8)五番山車の真砂区
        (9)六番山車の三國祭保存振興会

  駅前イベント
  15:00頃 … 吹奏楽演奏
  15:30頃 … 夜叉DE三國の踊り
  16:30頃 … 壱番山車を先頭に、山車6基・武者行列・2基の神輿が到着し、
         クライマックスを迎えます。

  * 
山車巡行の関係で若干時間が変更になる場合がございます。
 
三国祭保存振興会 事務局(三国公民館内):〒913-0046 福井県坂井市三国町北本町2-1-33
TEL:0776-82-6400 FAX:0776-82-4786

平成21年奉納山車

     壱番山車(四日市区)新田義貞

     弐番山車(大門区)歌舞伎「助六」

     三番山車(下西区)儒官 三国幽眠

  四番山車(上横・竪区)真田幸村

     五番山車(上ハ町両区)柴田勝家とお市の方

     六番山車(三国祭保存振興会)牛若丸
 

 

三国神社の由来

祭神 大山咋命 継体天皇 延喜式所載の式内社である。

天文9年(1540)湊の住人・板津清兵衛が高柳村より流れて来た御神体を拾い上げ正智院に納める。
天文13年(1544)院主・澄性小社を建立。

さらに、永禄7年(1564)澄性の弟子・澄元國中を勧進し桜谷を開き社地を開発・山王宮を建立する。

この山王宮の祭神が先に高柳村より流れ来た御神体・大山咋命(山王権現)である。

明治2年山王宮を桜谷神社と改める。
明治5年興ケ丘にあった、水門宮の御神体・継体天皇を桜谷神社に合祀をする。

さらに、明治18年に三國神社と改称し、現在に至る。


 北陸三大祭り 三国祭り

平成19年5月20日
山車の出発場所三国神社入り口 日曜日とあって大にぎわい
 
 

 継体天皇(大王)と三国祭

継体天皇(男大迹王・おおどのおう)は、彦主人王を父に、振姫を母として近江国高島郡三尾(みお/滋賀県高島市)に誕生したといわれています。父が若くして亡くなり、母の故郷である三国坂井郡高向(たかむく/坂井市)に戻り養育されました。

 

 

壮年期には越前一帯の治水に尽力され、坂井平野の発展の礎を築いた偉大な大王であったと伝えられています。
武烈天皇の死に伴い畿内に招かれ507年に第26代天皇(58歳)に即位されました。
 

 

 神輿・山車発幸祭終了後、武者行列小御神輿、  大御神輿、奉納山車が順次、町内巡行します。

 

 北陸三大祭 三国祭り

 

 町内は皆、玄関に提灯をさげて山車を迎える
 

 三国祭り

 北陸三大祭 三国祭り

 平成19年5月20日 二階の窓を外して見学。
 

 露店や屋台がズラリと出揃う。
 

 山車に欠かせないものといえば「お囃子」。テケテンテンテン、ピーヒャララ、トントントンと軽快なリズムが町を活気づけ、山車はそのリズムにのって町に繰り出します。

北陸三大祭り 三国祭り

 

 平成19年5月20日 

 そのお囃子を担当するのは、各地区の子供達。毎年、囃子方の練習は春の訪れと共に始まります。
太鼓の音、三味線と笛の曲が流れる。
子供たちは皆化粧顔で山車を彩る華。一生一度の晴れ舞台になる。

北陸三大祭り 三国祭り

 

 平成19年5月20日 

 北陸三大祭 三国祭り

北陸三大祭り 三国祭り

 

 平成19年5月20日 大御神輿祭神 山王大権現大山咋命

 

三国祭り

三国祭り

平成19年5月20
小御神輿(船形神輿)祭神 継体天皇
 

平成19年5月20日
小御神輿(船形神輿)祭神 継体天皇
 

 祭りの花形とも言える山車は町内に全部で18基あり、数年おきに旧市街地の各町内が当番となって、それぞれに趣向を凝らした山車を6基奉納する事になっている。

 三国祭り

 

平成19年 1番山車【森町自治会】
本多作左衛門 (丸岡城五代城主本多成重の父鬼作左)

車人形が登場したのは、今から約二百五十年前といわれている。

20日の正午に三國神社前に奉納された山車7基、午後1時に山車神輿の行列が神社前から街中に繰り出す

三国祭り

 

平成19年 2番山車 【玉井自治会】
朝倉義景(越前一乗谷朝倉家二代城主)

山車の高さは6.5メートルもあります。

立並ぶ露店商の屋根をハネ上げ、ハネ上げ笛と三味線、太鼓の囃子で山車が進む。
きしむ車輪の音。面かじ取りかじの聲の中、250年の歴史を刻んできた山車・神輿と武者行列の巡行である。

この日は、全町内が休日で夜9時ごろまで巡行は続く

 三国祭り

 

平成19年 3番山車 【滝本自治会】 
山本 勘 助 (武田信玄の軍師 )

 車人形の出し物も当番地区によって違い、年によっても違います。

同じ当番地区でも前回出した人形をそのまま使うわけではありません

 
桜山車は和紙で3万5000枚の花びらを手作り、
高さ6メートルのしだれ桜の山車になる。

 三国祭り

 

平成19年  4番山車 【桜町自治会】
(8年毎に奉納される火伏せの桜山車)

 人形の部分で一番難しい顔作りは、粘土で面を作り、和紙を細かく裂いて張りあわせ、乾いたらまた張る。

厚さが五ミリほどになるまで何度もこの作業を繰り返す。

その上に貝殻を焼いて作った顔料を塗り固める。髪は麻を使う。高さ約八十センチの顔を作るのに三ヶ月はかかる。

 三国祭り

 

 平成19年  5番山車 【元新自治会】 張 飛 翼徳
(中国三国志の武将)

 胴体はタルキを組み、割竹で肉付けした上からむしろをかぶせ、手足は熱で曲げた鉄板を使用。

かぶとやよろいはボール紙を基礎に、形が崩れないように針金を張り、その上から色のついた和紙を丹念に繰り返して張る。

刀などの小道具はベニヤやタルキ、ラワン材などを使い塗料を塗る。衣装の生地は人形に見合った大きさに縫製し、そのまま人形に縫い付ける

 三国祭り

 

平成19年  6番山車 【保存振興会】継体大王
(三国神社祭神で今年大王即位1500年)


三国神社、山車蔵、練習にはげむ笛の音…湊町の古い町並みに自然にとけこむ、三国祭りの名残たち。
かつて北前船の玄関口として繁栄した先人たちの魂は、この祭りを通して今も三国人の遺伝子に確かに受け継がれている。

神社名 三国神社
住所 福井県坂井
三国町山王6丁目2-80
 
TEL : 0776-81-2514
FAX : 0776-81-2514

 税込み5400円以上のお買い上げで送料無料。